アクセス拒否

これは、最も容易なプリロードサンプルです。このプリロードは、特定の IP を除いてアクセスを否定します。

How to install

これは、あなたにとってプリロードとのファーストコンタクトであるかもしれません。プリロードは、サイト所有者のための新しい頒布ファイルの種類です。彼らは、 /preload ディレクトリにこれらのファイルを置くことによってサイトをカスタマイズすることができます。

ここからこのプリロードをダウンロードして、そして、あなたの /preload ディレクトリにそれを置いてください。それによって、あなたのサイトは、 127.0.0.1 を除くアクセスのために機能しないようになるでしょう。この IP は、ファイルの中で定数として定義されています。それを変えて、そして、再びアクセスを試みてください。ファイルを取り除くことによってあなたのサイトを復旧できます。

詳細解説

サイトプリロード、及び、モジュールプリロードという 2 種類のプリロードがあります。モジュールプリロードは、モジュールの一部であり、サイトのカスタマイズを望むサイト所有者のためのものではありません。

Legacy System は、 /preload ディレクトリにある全てのファイルをロードしようとします。しかし、これらのファイルの拡張子は、「 .class.php 」でなければなりません。

PHP の特質によって、プリロードファイルは、ロードされ、パースされ、そして実行されます。従って、あなたは、ファンクション、及び、クラスなしでプリロードファイルにコードを書くことができます。しかし、 Legacy は、それを推薦しません。

あなたは、 XCube_ActionFilter を理解し、そして、それを使うべきです。XCube_ActionFilter は、一種のタスクです。mojavi 、及び、他のものと異なり、 XOOPS Cube は、 ActionFilter を初期化パイプライン処理として使いません。それらは、追加のカスタマイゼーションをする任意の拡張です。

クラス命名規則

あなたは、あなたのプリロードファイルにおいて XCube_ActionFilter のあなたのサブクラスを宣言します。あなたのサブクラスの名前は、そのファイルのボディ名に等しくなければなりません。

このサンプルでは、ファイル名は、「 AccessDenial.class.php 」です。従って、そのサブクラスの名前は、「 AccessDenial 」になります。

XCube_ActionFilter の詳細については、 XCube_ActionFilter のソースコードのコメントを読んでください。もしくは、あなたは Doxygen でそれらのコメントをドキュメントとして得ることができます。